優越感に浸れる風俗

イチャラブを楽しませてくれた風俗嬢

彼女と別れてからしばらく女性の体を堪能していなかった。女友達は簡単にエッチをやらしてくれないし、手当たり次第声をかけたら交遊関係が壊れてしまう。でも、あの柔らかいおっぱいとすべすべの肌の感触を忘れてしまいそうだったので、俺はデリヘルを使って風俗嬢とエッチした。毎日オナニーばかりやっているとエッチの感覚を忘れそうだし、可愛い女の子とエッチした方が気持ちいい。あまりデリヘルを使ったことがなかったため、風俗嬢が来てくれるまでの間ずっと緊張してた。気楽に頼めるとはいえ、初めて会う女の子とのエッチはすごく緊張する。でも、彼女は玄関に入ってからすぐにキスしてくれた。彼女のキスで緊張が一気に解けて、一緒にシャワーを浴びながら恋人のようにいちゃラブを楽しんだ。俺は基本的に女の子といちゃいちゃするのが好きで、たぶんいちゃラブだけでかなりの時間を使ったと思う。ベッドに行ってからは彼女がパクッとくわえてくれて、俺はそのまま口内射精した。最後に彼女がニコッとして飲んでくれたのがすごく嬉しかった。